消波工

消波工とは

日本は周囲を海に囲まれているため、台風やその他の気象上高波による災害が絶えず起こります。
災害を防ぐためには波の高さを低くする必要があります。その高波を軽減させるための工法が消波工と呼ばれています。

多くの場合、海岸にコンクリートブロックを設置しますので、波浪のエネルギーを減衰させるために、コンクリートブロックを護岸の前面に設置すること自体を消波工と呼んでいます。

消波工の事例

消波根固、魚礁ブロック 水を治め、国土を護る
タイトルとURLをコピーしました